高橋大輔 「僕が帰ってきた理由」

Share this...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

バンクーバー五輪で銅メダルを獲得し、日本男子フィギュアスケート界に初のメダルをもたらした高橋大輔選手。オリンピックチャンネル取材に応じ、引退から4年を経て現役復帰を表明したその背景を語ってくれた。

高橋大輔 「僕が帰ってきた理由」

 

このタイミングで現役復帰を決断した理由を教えてください。

また何が最も難しい決断でしたか?

自分として今後のことを考えてパフォーマンスというものをやっていきたい自分がいました。それには自分のスケートをもう一度取り戻す必要があると考えました。

プロフェッショナルとしても、中途半端にやっているつもりはないですけど、現役ぐらい時間をかけて、細かい所をやっていくことが今後のために絶対必要だと感じたことが一番大きいです。

あとは前回引退する前にケガをしてしまって、自分も焦りの中で過ごした部分があったのもあります。

現役復帰を表明した際の周りの反応はどうでしたか?ポジティブな反応だったでしょうか?

ファンの方は喜んでくれていて、ソチが終わってからファンになってくださった方もいらっしゃいました。試合をまだ見たことがない方もいらっしゃるので、そういった方たちも初めて見られるという風に喜んでくださっていると思います。

競技に復帰するにあたって最も楽しみにしていることは何ですか?

もう一回、久々に明るい、広いリンクで滑るので、それは楽しみです。アイスショーは小さいリンクなので、思いっきり踊りきれない部分、滑りきれない部分があったりします。それを思いっきり動かせるところも楽しみです。

長光歌子コーチと再びタッグを組みますが、それについてはどう考えていますか?

普通にコーチと生徒という関係で今まで過ごしてきていなかったので、家族のような感じでやってきました。そういう関係性は全く変わらないと思います。ですけど、ある意味お互い…コーチは自立しているのですが、自分自身も自立して戻ってきているので前みたいにべったりという感じではなく、一人の人間と人間として関わっていきたいです。自分がやっているからそこにコーチがサポートするという部分が以前と少し違うかなと思います。

This slideshow requires JavaScript.

トレーニングを再開するにあたって難しいことはありましたか?

もう最初のほうは、持久力がないんですよね。筋肉の持久力もそうですし、体力的な持久力も、やっぱりトレーニングもそこまでできていなかったので。だから長く練習したり、詰めた練習っていうものが一本しかできないとかはありました。でも二つ練習する時間あっても二つできなかったりとか。昔は二つ三つとかやれてたんですけど…なので、まずその持久力を上げていくことは大変でした。

引退前と今では変わったことはありますか?

今感じているのは、引退する前に足のケガをしてから焦りの中でやっていて、メンタル的にもうまくコントロールできていない状況でやっていたな、ということです。本当にしんどくて、毎日毎日頑張りたいのに頑張れなかったりとかそういうのはありました。でも今は焦りっていうのは、もちろん100%ないわけではないですが、焦らないようにっていうように自分をコントロールしています。そうすることですごく冷静に自分自身の状況を判断できているところはあります。

平昌五輪の開催中はコメンテーターとして活躍されていました。羽生結弦選手と宇野昌磨選手がメダルを獲得したことについてはどう思われていますか?

二つの思いがあります。日本人として、日本のフィギュアスケーターの一員として、日本人が1、2フィニッシュ、そして二連覇という今まで誰も想像できなかったことをやってのけてくれたことは本当にうれしかったですし、僕自身も演技を見て感動しました。一方で、同じフィギュアスケーターとして自分は銅メダルまでしか取れなかったので金メダル、銀メダルほしかったなあという思いもありました。そういう自分ができなかったからこその悔しさはありましたね。

スケートをする際にお気に入りの曲はありますか?

ハッピーソングより失恋ソングのほうが好きかなと。悲しい曲のほうが好きです。

今シーズン、振り付けの面で高橋選手に期待するべきポイントを教えてください。

ショートプログラムに関しては、もし聞いてもらえばすぐに自分のスケートが想像できるような曲にはなっていると思います。フリーに関しては強めっていうんですかね、追い込まれるような曲っていうのはあんまりやったことがないので、ファンの方からすると、自分のスケートからするとちょっと新しいかもしれないです。ショートとフリーで違うタイプのものにはなっているのかなと思います。

「現役復帰は一年のつもり」とのことですが、それ以上競技を続けることは考えていますか?

一年限定したわけではなくて、一年一年考えていくというか、とりあえずはスタートなので一年のつもりで最初はスタートしましたけど、もしかしたらやっていくうちにもう一年やりたいと思うかもしれないです。そこはこうフレキシブルに考えてその時その時で決めていきたいと考えています。そのきっかけはその時になってみないとわからないので。ただ自分としても納得だったり満足できたかなって思ったら、中途半端な時期でももしかしたら引退するかもしれないです。

www.olympicchannel.com/ja/sports/figure-skating/

 

Share this...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+